トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプが自分の好きな飲み方を選ぶことができます。

トリキュラーの効果と服用方法

経口避妊薬のトリキュラーとは、決められた通り服用することで100%近い数字で避妊することが出来ます。
低用量ピルと呼ばれるもので、従来使用していた中用量ピルよりも副作用や体への負担をかなり軽減することが出来ました。
トリキュラーには2種類あり、28錠タイプのものと21錠タイプのものがあります。
28錠タイプのうち7錠は、ブラセボ(偽薬)で飲み忘れ防止のためにブラセボが含まれています。
使用方法ですが、生理の初日に28錠タイプのも21錠タイプのも服用をスタートさせます。

そして服用初日から避妊が100%近いものとなります。
もし、生理初日にスタートできなかった場合は、一週間程度は他の避妊方法を取りましょう(コンドームなど)
そして毎日大体同じ時間に服用します。
もし飲み忘れてしまった場合は直ちに使用を中止し、他の避妊方法に切り替えます。
そしてまた生理が始まったら、初日に最初からスタートさせます。
21日間飲み続けると7日間の休薬期間が来ます。
28錠タイプのものはそのまま飲み続け、21錠タイプのものはいったん服用を中止します。
そして21錠タイプのものは、生理が来なくても8日目にはまたスタートさせます。

この服用方法を守って服用していると「妊娠しない」と断言しても間違いはありません。
しかも低用量ピルは避妊効果だけでは無く、女性のホルモンバランスを整える効果も期待出来ます。
生理痛が重かったのが改善出来たり、ニキビで悩んでいたのが改善出来たり、女性特有の疾患を予防出来たりとメリットの高いものばかりです。
これだけのメリットが多いのですが、日本国内ではまだまだ認知度は高くありません。
海外では、低用量ピルは大変メジャーなもので、若い妊娠を希望していない人にとって必須アイテムとなっています。
コンドームだけでは、避妊率は低く失敗してしまう事もあります。
同じく低用量ピルでマーベロンというものがあります。
こちらも、同じく正しく服用するだけで100%近い数字で避妊することが可能です。
マーベロンも安全性の高いピルですので、安心して服用することができます。
希望しないで出来てしまう妊娠は悲しいものです。
自分の身を守るのは自分自身なのです。
妊娠を希望しないのであれば必ず避妊をしましょう。

>> おすすめの避妊薬ランキング <<

ページトップへ