低用量ピルは安全性の高い避妊薬です。マーべロンとトリキュラーが国内の処方率が高く人気です。

避妊薬と種類について

避妊治療薬の目的は、避妊する事にありますが、大別すると2種類に分かれます。
毎日服用する避妊薬ピルアフターピルです。成分が異なる点や成分量の大小と組合わせる種類、錠数などが微妙に違います。
今回は、日本人が最も利用頻度の高い低用量ピルについて説明します。
皆さんがイメージする低用量ピルは、生理後に服用を開始するタイプだと思いますが、種類によって錠数が違います。
錠数が異なるタイプは、1つのシートに21錠と28錠のタイプがあります。

21錠タイプ

月経が始まった日から21日間服用を継続し、7日間服用するのを休薬します。
8日目からは、新しいシートの錠剤を服用し始めます。

28錠タイプ

月経が始まった日から28日間服用を継続し、29日目からは新しいシートの錠剤を服用し始めます。
28錠タイプは最後の7日間、プロゼボという実際のお薬の成分は入っていない為、偽物のピルを服用します。
ブラセボを利用する目的な、継続的な服用による飲み忘れ防止効果となります。

避妊薬には、生理日をコントロールしたり生理痛を軽減したり、女性にとってのメリットが多数あります。
・月経が始まった日から服用し始めるワンデータイプです。
・月経開始日からみて、最初の日曜日から服用し始めるサンディタイプです。

どちらも効果は同じですが、サンディタイプは月経が日曜日に当たることのないようにコントロール出来る為、土日の遊び、旅行、イベント事が多い方にお勧めする便利なお薬です。
どちらも服用し始めの1週間は、避妊効果を得ることが出来ないので、避妊出来るコンドームなどで対策が必要です。

避妊薬の目的

避妊治療薬を服用する事によって、女性は自分自身の身体を守る事が出来ます。
週末の予定を楽しみにしていたのに、生理になりガッカリ、寝ている間に経血が洋服、シーツなどに付いてしまい、生理前はイライラ、食欲が抑えられない、肌荒れ、ストレスなどがあります。
そんな悩みを避妊治療薬は、安全に生理予定日をコントロールする事が出来るのです。
避妊薬を服用する事によって、避妊以外にも下記のような多くのメリットを授受出来ます。

・月経痛が楽になる
・月経量が少なくなる
・貧血も良くなる
・月経不順が治る
・ニキビなどの肌荒れがなくなる
・子宮内膜をよくする
・長期服用により卵巣癌や子宮体癌、良性の乳房疾患が減る
・月経前症候群が軽くなる

妊娠を希望するとなれば、避妊薬の服用を止めれば妊娠する事が出来ます。
また避妊薬は、避妊をする為でもありますが、産婦人科疾患の改善にも使われているお薬です。
そんな改善に利用されている病気は、子宮内膜症、排卵障害、癌などであり、避妊薬を服用して予防する事も出来ます
また、卵巣がよく休んだ後に排卵される卵子は、とても良い状態と言われています。
避妊薬は、いざ子供が欲しいと思った時にスムーズに妊娠出来るように運んでくれる、期待のお薬です。

避妊薬のメカニズム・働き

どうして避妊薬を服用すれば、避妊が出来るのかを説明します。
毎日、おおよそ同じ時間帯に服用すれば、99.9%の確率で避妊出来ます。
効果が高いのは確かですが、安全性も高いのです。
妊娠は卵巣から排卵が起き、卵子が子宮で精子と交わって受精卵になり、子宮内膜に着床することで成立します。
妊娠中に何度も繰り返し妊娠することがないのは、妊娠中に排卵が起こらない為です。
この原理を逆手に取って開発されたのが避妊薬ピルです。
ピルに含まれている女性ホルモンは2種類あり、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が血液中を巡ります。

脳の視床下部と下垂体がそれを感知すると、血液中に十分な濃度の女性ホルモンがあると錯覚し、妊娠したと思い込んでしまいます。
卵巣を刺激して排卵を促す必要はないと判断し、排卵が起こらないのです。
簡単に説明すると、ピルを服用する事で脳を妊娠していると勘違いさせる事で排卵を起させないという事です。

ピルを服用していない時は、卵巣から出る女性ホルモンの働きで、子宮内膜は妊娠した場合に備えて少しずつ厚くなります。
しかしピルを服用すると、脳は卵巣ホルモンがたくさん出ていると錯覚するため、卵巣ホルモンが分泌されなくなり子宮内膜は厚くなりません。
つまり、排卵が起きてしまった場合でも、受精卵が着床しにくい状態になります。そして、子宮の入り口での作用です。
ピルに含まれるプロゲステロンには、子宮頸管から出る粘液の粘性を高めて、精子が子宮内に入り難くする働きを持っています。
これらが総合的に妊娠の妨げとなり、避妊効果はより確実となります。

避妊薬の効果

避妊薬の効果は、言うまでもありませんが望まない妊娠の予防です。
一般的な避妊は、コンドームの着用になりますが、失敗する確率が3%~12%ほどあると言われています。
きちんと避妊薬を服用していれば、100%に近い確率で避妊効果を得られます。
避妊の仕組みは、排卵が起きない事、精子が入って来ても受精するものが存在しなければ、妊娠は出来ません。
ピルには、排卵を起こすホルモンの分泌を押さえる働きと子宮や内側の膜、入口に対しても作用し妊娠し難くする働きがあります。

注意点としては、初めての服用から1週間は避妊効果が期待出来ないという事です。
しばらく服用を止めていて、服用を再開する時も同じと考えて下さい。
1週間ほど掛けて、排卵が出来ない状態を作りますので、排卵が完全に起きない中途半端な状態の時に、避妊をしないのは大変危険です。
1週間はピルに頼らず、コンドームの着用を促すなど自分自身で身体を守って下さい。

避妊以外の効果は、上記で説明したように生理不順、月経前のイライラ、ストレス等がなくなり生理痛が軽くなります。
性行為中の妊娠に対する不安などが、払拭される事も精神的に大きいと思います。
ピルを服用する事によって、子宮内膜が薄くなり月経血量が少なくなります。
ホルモンのバランスを整えため、ニキビなどの肌荒れも良くなり子宮筋腫の症状を抑える効果もあります。
それに自分の予定に合わせて、生理予定日をずらすことも出来ますので日常の使い勝手が良好になります。

避妊薬の副作用

低用量ピルの副作用は、ホルモンの配合量をギリギリまで抑えているので、身体への負担はそんなに大きくありません。
しかし服用初期に関しては、体内のホルモンバランスを妊娠の時と同じ状態にするため、妊娠初期症状に似た副作用があります。
主に副作用は、うつ病、吐き気、身体のだるさ、頭痛、乳房痛、不正出血、眠気などの報告があります。
うつ病は、ホルモンバランスの変化により、妊娠した時の症状に良くある精神的不安になり、その結果イライラやうつ病などが現れる事があります。
吐き気、身体のだるさ、頭痛は、妊娠初期症状の時に代表とされるツワリと似た症状です。
乳房痛は、身体が妊娠に向かって準備をする為に、乳房が張り痛みを感じたりします。
不正出血は、ホルモンバランスが変化する為、子宮内膜などが一部剥がれてしまい、不正出血が起こるのです。
眠気は、妊娠と同じように体温が上がりやすくなる為、眠くなります。
副作用に関しては個人差はありますが、全くないという方も大勢います。
副作用が長期間続く様でしたら、掛かりつけの医師に相談して下さい。

避妊薬の購入先|処方・通販

一般的にポピュラーなピルの入手方法は、産婦人科に行って処方してもらう事ですが、昨今の女性は仕事に遊びに大変忙しく行動しており、通販で購入する方も増えています。
そもそも、国内で処方される避妊薬の代表的な商品「マーベロン」「トリキュラー」などは、海外の大手製薬メーカーの商品です。
ですので、海外医薬品の個人輸入を利用すれば、パッケージこそ英語になりますが、全く同様の商品を購入出来るのです。
日本国内では処方薬となるため、医師の処方による診察代もプラスで掛かり、無駄な費用と言えます。

海外から医薬品を個人輸入するのは、医師の処方箋が要らないため、入手し易く無駄を省ける訳です。
しかし、最初から個人輸入による通販は推奨出来ません。
医師はカウンセリングを行い、タバコの喫煙や個人の生活スタイルに応じた自分に合ったピルを処方してくれます。
その商品名を知った上で通販すれば、安価でメリットが多いですが、自分に合った商品を知る前からの通販では、副作用に対する方法が後手になってしまいます。
ですので、自分自身の身体を第一に考え、処方⇒服用に対する不安の払拭⇒通販と順を追って下さい。

海外からネット通販で避妊薬を販売している日本語の個人輸入代行サイトが多くありますが、悪徳サイトも混ざっています。
お金を振り込んだのに商品が届かない、偽薬が届いたなどの被害も少なくありません。
口コミや正規品を保証しているサイトなどの見極めも重要です。
当サイトで紹介している「お薬なび」は、実際に商品を購入した実績がありますので、安心安全です。
梱包にも気を使っており、配達員が中身を推測する事が出来ないよう無地となっています。
発送完了後に郵便追跡番号のメールも届くので、到着日をネット検索出来る点も安心です。
1点不満に思う点と言えば、到着までに10日前後掛かる日数ですが、海外(シンガポールや香港)から商品が発送されると思えば、矢も得ないかなと思います。

最後に・・・
薬とサプリの違いは、下記のように内容が大きく異なります。
・薬は効く代わりに副作用が存在する
・サプリは副作用が殆ど無い代わりに効き目や即効性を感じない

以前に同じピルを服用した時には、何にも身体の異変が無かったけど、今回は副作用が気になるなど、自分自身の体調によっても薬の効果は異なります。
ですので、身体に異変を感じだ場合は直ぐに服用を中止して、掛かりつけの病院で診察を受けるようにして下さい。
要するに通販のメリットと上手に付き合えば、特も大きい点を理解した上で購入しましょう。

一相性と三相性の異なる点

フランスでは、約60%の女性の方が服用しているとも言われる低用量ピルをご存知でしょうか?

低用量ピルの特徴

・卵胞ホルモンEEの一周期に対しての総量が0.63mg
・通常量に比べ避妊の効果を失わせる事のない限界まで用量を減らしている
・黄体ホルモンであるDSGは通常量となる
・一方の用量を減らす事で、避妊はもちろん生理周期の安定や生理痛の軽減
・避妊の目的を失う事なく投与に伴う不快な副作用を軽減させる

上記の目的で開発・誕生した薬になり、国内での利用者が増加の傾向にあるのも納得です。
4人に1人が発症するとされる子宮内膜症に対しても、用いる事が出来る経口服用ホルモン剤になります。

同様の低用量ピルでも、その種類は二つに分ける事ができ、一相性と三相性に区別出来ます。
一相性の代表的なものにマーベロン、三相性ではトリキュラーという薬が広く知られた低用量ピルになります。
同一の作用を持つもの同士ですが、異なる点として1錠に対しての配合量に変化がある点や服用する内容が異なる点が挙げられます。

【一相性のマーベロン】安定した効果

1日1回の単回投与で21錠全ての配合量は同一となる為、服用の順番等を間違える心配もなく、21日を一周期として安定的に効果を発揮出来るメリットがあります。

【三相性のトリキュラー】副作用の軽減

用量が三段階に分かれている事から、飲み間違いのリスクを考えるのであれば、有効性が十分に発揮されない可能性があります。
半面、投与されたホルモンが、女性の体の自然なホルモンのバランスに近い変化をもたらし、副作用の軽減はもちろん不正出血を起こし難いというメリットがあります。

マーベロンもトリキュラーも21錠のものと28錠のものがあり、21日を周期としますが、次の周期の飲み忘れを防ぐために余分に偽薬(ブラセボ)が7錠含まれており、飲み忘れを防ぐ事が出来ます。
飲み間違え、あるいは飲み忘れをしない限り、ほぼ完全に避妊する事が出来ます。
また妊娠を希望する様になった際には、断薬する事で通常通り排卵を行う事が出来るので、女性の方の生活の改善や質を高めてくれる薬剤となります。

避妊薬には、有効成分である女性ホルモンの用量が異なる色々な種類があります。 ※参考サイト 避妊薬の通販サイト|お薬なび

おすすめのピルランキング

トリキュラー

トリキュラー

おすすめポイント
①国内処方NO.1なので安心!
②三相性タイプだから自然なホルモンバランスで体に優しい!
③月経痛・子宮内膜症も改善

価格も良心的でお財布に優しい!

トリキュラーの購入はこちら

マーべロン

マーべロン

おすすめポイント
①副作用が少なめ!
②ニキビ・体毛を減らす効果も◎
③卵巣がん予防に!

小柄な日本人にぴったりの低用量ピル!

マーべロンの購入はこちら

アイピル

アイピル

おすすめポイント
①万が一の時に避妊できる!
②9割以上の避妊成功率!
③通販だからできる低価格

10分の1の価格というコストパフォーマンス!

アイピルの購入はこちら

ページトップへ